「ワクワク」と「怖れ」は、同じものです。 by バシャール

地球人的感覚でいくとワクワクと怖れはまったく相反するもののように思えます。
ワクワクは好き!ワクワクしたい、ワクワクに憧れる、でも怖れは嫌い、できれば一生怖れとは無縁でいたい。
そう考えています。

しかし、バシャールによるとそれらは同じもの。

肯定的に見るか否定的に見るかその見方の違いに過ぎないと言う。
これはある意味逆説なのかもしれません。
人生は逆説に満ちている……。

ならばこちらも逆に、「怖れ」から「ワクワク」を探っていけるはずです。
怖れているものは実は自分が最もワクワクするものなのかもしれません。

怖れていると言うことは、自分がそれにひかれているということなのですから。

「ワクワク」と「怖れ」は、同じものです。
一方は肯定的な立場から、もう一方は否定的な立場から見たものです。
自分がひかれるエネルギーを信頼するとき「ワクワク」になります。
自分がひかれるエネルギーを疑うとき、それは「怖れ」になります。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.240-241より引用させていただきました。

MIL22138