外にあるものがすべて、自分の中にあるのだと知ったとき、すべてを自分の中でコントロールすることができます。自分ひとりでなんでもできる、そういったパワーが自分の中にあるということがわかります。 by バシャール

バシャールが言うには、私たちは無限のものと自分が本当はひとつである、ということを忘れてしまう能力を創り出してしまったそうです。

答えは、どこか遠く外にあるものだと長い間教えられてきたが、外側にあるものは本当は自分の中から創り出されたものだ、ということを忘れている。

観念自体が、思っていることを物質世界で現実として創りあげ、引き寄せる。

この固い物質世界は、私たちなしでは存在し得ない
物質的な世界は先入観なしには存在し得ない。体験し得ないとのこと。

外にあるものがすべて、自分の中にあるのだと知ったとき、すべてを自分の中でコントロールすることができます。
自分の思いどおりの形にすることができます。
そして自分ひとりでなんでもできる、そういったパワーが自分の中にあるということがわかります。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.19より引用させていただきました。

MIL57071