これが欲しいという新しい観念を自分で見つけたら、新しい定義づけを認識します。認識するだけで古いものと新しいものが入れ替わります。なぜならそれが起きるのは、あなたがそれを望んでいるからです。望むだけで充分なのです。by バシャール

私たちはみな創造者、自分の考えていることを、自分で自分の外に創りあげている。
やって来るものを肯定的なものだと考えれば、肯定的なものしかやってこない。
どんなことが起きても、それを肯定的に使うことができる。

怖れる対象が問題なのではなく、怖れること自体が問題なのだ。

怖れや痛みを体験したら、どんな観念を持っているからそういう怖れや痛みを体験するんだろう?と考えてみる。
そして、その観念が見つかれば、本当はどんな観念が欲しいのかがわかる。

欲しい観念が見つかったら、それを認識する。
そうすると、古い観念と新しい観念が入れ替わる。

そうバシャールは言います。

これが欲しいという新しい観念を自分で見つけたら、新しい定義づけを認識します。認識するだけで古いものと新しいものが入れ替わります。
なぜならそれが起きるのは、あなたがそれを望んでいるからです。
望むだけで充分なのです。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.35より引用させていただきました。

MIL57054