「自分がなにでないか」を教えてくれる古いものに感謝してください。それによって「自分がなにであるか」に近づきます。ですから、痛みがあったらそれを自分のものにしてください。 否定しないでください。 by バシャール

痛みすらも否定しないで受け入れるって凄いですよね。
ふつうに暮らしていて、なかなかそういう考えには至りません。

痛みがあったら、それを憎むのではなく、じっくり味わい尽くす、痛みに意識を集中してより詳しく感じるのが実は正解なのかもしれません。

これは、発生してしまったネガティブな感情にも、同じように言えるのではないでしょうか。

「自分がなにでないか」を教えてくれる古いものに感謝してください。
それによって「自分がなにであるか」に近づきます。
ですから、痛みがあったらそれを自分のものにしてください。
否定しないでください。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.37より引用させていただきました。