自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。みなさんが本来の自分自身でないとき、宇宙はみなさんを見つけることができないのです。by バシャール

社会現象になるほどの人気のあった「ゲゲゲの女房」が最終話を迎えた後、テレビで多くの特集が組まれていました。

その中で、水木しげるさんの素顔を見ることができたのですが、まさに彼は自然体で生きていました。
だからこそ宇宙がサポートしてくれたのですね。

さらに、自分の故郷のまちおこしのために協力したときの話しがあって、町の人がどうしたら良いかを彼に尋ねたとき、まさに、遊びなさいと答えました。自分が楽しんでこそはじめてお客さんも楽しめるんだと言っていました。

本当の自然な自分を出すこと、そしてワクワクを実践したからこそ、この成功があったのですね。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。ですから宇宙の方では、どれを誰にあげたらいいのかまったくわからなくて、ウロウロしてしまいます。みなさんが本来の自分自身でないとき、宇宙はみなさんを見つけることができないのです。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.208より引用させていただきました。