自分の中に怖れがあるとわかったということは、それを変容させるチャンスを持ったということです。自分の中に怖れがあるとわかったからこそ、その怖れを変容させることができるのです。by バシャール

ネガティブは自分が変われるチャンス!
そして、怖れも自分が変われるチャンスだったのですね。 🙂

その怖れに気がついたということは、その怖れていることが起こるようなそんな選択はしていないということ。
変容していくチャンスを持ったということは怖れを選択していないということです。

怖れを変容することにより「自分にとってワクワクしないことはやらない」と確信し、自分の喜びの方をどんどん表現していく、そういう方法も選択できるんだと気づくのが大事なようです。

自分の中に怖れがあるとわかったということは、それを変容させるチャンスを持ったということです。
自分の中に怖れがあるとわかったからこそ、その怖れを変容させることができるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.206より引用させていただきました。

MIL15068