逆説的なのですが、一番早く進みたいと思ったら、今自分がいるところのことを百パーセントやることです。自分が創り出したすべてを楽しんでください。そうすれば一番早く先に行きます。by バシャール

最後の方に引用した部分は、質問者がバシャールに、自分は人を強制する傾向があるのですが……に答えたその流れの中で出てきています。

なぜそんなことをここに書くかと言うと、下の記事もその流れにあるからです。

もし人に強いる必要があるとしたら、あなたは自分の中にある力を本当に信頼していない、ということになります。 by バシャール

の中で、「人生は、ただ解放してあげるとき、自然の流れにまかせてあげるとき、一番うまくいきます。」というのは、自分の人生に対してではなく、他人の人生に対して言っている言葉なのです。流れ的に言うとそうなのです。だからそこだけを取り出して読むと少しニュアンスが違うのです。

ですが、すべてはひとつなので、他人に当てはまることは自分にも当てはまるので、上で引用した文章を他人ではなく自分の人生に当てはめてもあながち間違いではないと思います。

最後の方に引用した部分は、質問者が他人を強制する傾向が強いと悩んでいるので、そんなに焦って先に進む必要はないんだよとそういう意味で出てきた文章なのです。

バシャールのペーバーバックはすべて、このように質問者に答えるという形で書かれています。

なので、質問者とのやりとりを知っていた方が、より正確にバシャールの言っていることが理解できると思います。

みなさんは、永遠の存在なのです。
なにを急いでいるのでしょう?
逆説的なのですが、一番早く進みたいと思ったら、今自分がいるところのことを百パーセントやることです。
自分が創り出したすべてを楽しんでください。
そうすれば一番早く先に行きます。
今自分自身が持っているものすべてを使うまで、変化は起きません。
早く先に行きたいと思うのは、今自分自身が持っている「今」「ここ」を否定していることになります。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.236-237より引用させていただきました。

MIL15059