怖れとは、目覚まし時計のようなものでもあります。「起きる時間だよ、起きる時間だよ」「何かを見る時だよ」「行動する時だよ」と知らせてくれているだけなのです。 by バシャール

喜びも怖れも同じエネルギーでできている。
怖れは、意識のドアをノックしているメッセンジャー。

見てみたほうがいい観念がありますよ
本来の自分自身と方向が一致するように観念を調整する必要がありますよ

と教えてくれるメッセンジャー。

さらに、引用した文章のように、目覚まし時計のようなものでもある。

すべての状況は中立なので
本来の自分自身と方向が一致するような観念を持つことは何時いかなる時も可能である。

可能であるにも関わらず本来の自分自身と方向がずれている観念を持っていると
「怖れ」などのネガティブな感情として表れる

だが、「怖れ」も「喜び」もまったく同じエネルギーであるので、本来の自分自身すなわち「魂の青写真」と方向が一致している観念を持てば、そのエネルギーは今度、喜びやワクワクとした感情として表れる。

怖れとは、目覚まし時計のようなものでもあります。
「起きる時間だよ、起きる時間だよ」「何かを見る時だよ」「行動する時だよ」と知らせてくれているだけなのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR2006(バシャール2006)―バシャールが語る魂のブループリント』P.199より引用させていただきました。

MIL13099