自分の感情、観念、そして思考パターンを変えたとき、その瞬間から自分自身が体験する「現実」も変わります。今話しているのは、哲学の話ではありません。現実の、物理の原理なのです。 by バシャール

観念、感情、思考パターンこれらの三つのうちのどれかを変えると、自分の創り出した人生の現実はすぐに変わるとバシャールは言います。

私が推理するに、この瞬間的な変化は、本来はすべて中立である事象の見方が変わるからだと思います。

あらゆる出来事、事象には、自分で自由に意味を与えることが可能なので、瞬時に人生に変化を与えることができるんだと推測します。

あるいは、単なるひとつの物理的な現象に過ぎないのかもしれません。

いずれにしても、観念、感情、思考パターン(=ふるまい・行動)のいずれかを変えることで、人生の現実が変わると言うこの知恵は素晴らしいですね。

付け足しです。

思考パターンは行動に直結しているようです。
思考パターン=振る舞い と言えそうです。

そのうえで、観念は感情を生み出し、感情は思考パターンを生み出すので
三つのうちのどれを変えても結局は思考パターンすなわち行動が変わるんだと言えそうです。

自分の感情、観念、そして思考パターンを変えたとき、その瞬間から自分自身が体験する「現実」も変わります。
今話しているのは、哲学の話ではありません。
現実の、物理の原理なのです。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.9より引用させていただきました。

TAH03036