否定的な感情をいだくことは、べつに悪いことではありません。自分の人生の中に、困難をもたらすものではないのです。否定的なものを否定するとき、それが困難をつくりだします。 by バシャール

この引用した部分は、同書P.26から始まる瞑想の中に出てくる文章です。

瞑想の途中で、もし怖れを感じるなら、それを認めてあげてください、それを否定しないで、ということで、この引用した文章に続きます。

否定的な感情をいだくのは悪いことであると定義づけすると、否定的な感情を抱いたときに、自分に罪悪感を感じてしまいます。
罪悪感を感じても自分にとってなんら良いことも、役に立つこともありません。

否定的な感情に否定的な意味づけをすると、否定的な結果を得る、ただそういうことです。

すべては本来中立です。

であるなら肯定的な意味づけをすれば良いだけです。

否定的な感情をいだくことは、べつに悪いことではありません。
自分の人生の中に、困難をもたらすものではないのです。
否定的なものを否定するとき、それが困難をつくりだします。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.30より引用させていただきました。

TAH03020