あなた自身が夢の中の自分であるような、振る舞い、行動をより多くすればするほど現実がそれを真似してきます。 by バシャール

現実は本当は夢で、すべての夢も現実、すべての現実は夢。
自分で夢見るものは現実となる。

それを自分で自分を忘れるくらい自動的にやっている。

現実は夢であるからこそ、自分で夢見るものが現実となる。

夢見る分量によって実現する現実の量も決まってくる。

ところで、なぜ夜見る夢と、将来の夢を語るときの夢は、どっちも同じ夢という言葉なのでしょう。

この現実は夢なのだから、夜見る夢を変えるようにこの現実という夢も変えることができるのでしょうね。

いずれにしても、夢と現実を入れ替えるのは、頭で考えるとかなりの混乱です。

あなた自身が夢の中の自分であるような、振る舞い、行動をより多くすればするほど現実がそれを真似してきます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.149より引用させていただきました。

TAH03011