いやなことにぶつかったときの反応で、真実の自分にふさわしくない観念をまだ持っているかどうかが判明します。つまり、いやなことにぶつかるのは、ポジティブな現象なのです。by バシャール

これって、実に面白いですね。

魂が進化したからと言って、ネガティブな事に全く出会わなくなるわけではない、ただそのネガティブに対する見方が変わって、当然その関わり方も以前とは違うものになるということですね。

いま目の前にある外部の状況は変えることが出来ないが、その見方は変えることができる。
そして見方を変えることで、観念が変わり、自分の波動も以前とは異なってくる。

波動が変わると、こんどはその波動にあったもの、今までとは違ったものを引き寄せ始める。

そんな感じで人生というのは、進んでいくんでしょうね。

いやなことにぶつかったときの反応で、真実の自分にふさわしくない観念をまだ持っているかどうか判明するのです。
(中略)
だから多くの場合、みなさんは、まだ気づいていない観念を自分に気づかせるためにそのような状況を引き寄せます。
つまり、いやなことにぶつかるのは、ポジティブな現象だということです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.53より引用させていただきました。

MIL21088