奇跡は、自然なことが一番自然な形で作用することを許されたときに起こります。by バシャール

「奇跡」とは、自然なことが自然に、しかも瞬間的に起こることだそうです。

それが起こったと言うことは、それは不可能ではなかったということですから、起こってしまってからはすべては自然だったともいえます。

サイコロを3回投げて、ゾロ目が出ると、ラッキーな気がしますが、どんな三つの数字が出ても、その確率はまったく同じです。ゾロ目もバラバラの目も、確率的には同じで、ただ人間がぞろ目が出た時にはラッキーであると考え、たとえば2・3・5ならそうではないと考えているだけです。

それと同じようなことが奇跡にも言えるのかもしれません。

奇跡は、自然なことが一番自然な形で作用することを許されたときに起こるものだからです。
それが瞬時に起こるのを許されたときに、起こります。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.199より引用させていただきました。

MIL22043