怖れというのは、信頼が欠如している状態ではありません。その信頼の対象が真実のあなたと一致していない、というだけです。 by バシャール #怖れ

さて、この記事で、毎瞬毎瞬一番のワクワクを実行に移すことはすべてを解決するというバシャールの言葉を信頼しきれていない自分がいると書きましたが、そのことについて、バシャールのこの言葉から考えてみたいと思います。

じゃあ私は何を信頼しているのか?

毎瞬毎瞬一番のワクワクを実行に移すことが、すべての問題を解決するわけではない、ということを私は信頼しているということでしょうか。

それとも、この引用した言葉からするに、その信頼の対象(ワクワクは万能薬)が真実の自分と一致していない、つまりいまひとつ、私は真実の自分になりきれていない?ということでしょうか。

怖れというのは、その信頼の対象が真実の私と一致していない……
怖れが信頼している対象とは何だろう?
怖れていることが起こることを信頼している?
だとしたら確かに、怖れていることが起こることは、真実の私とは一致していないです。
真実の私は、怖れていることが起こることを、決して信頼しないからです。

真実の私が信頼の対象とするのは、自分の望むことは起こるということ、でしょう。

あなたは常に何かを信頼しています。
たとえその信頼の対象が怖れであったとしても。
怖れというのは、信頼が欠如している状態ではありません。
その信頼の対象が真実のあなたと一致していない、というだけです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.90より引用させていただきました。