バシャールの言う破壊される前のアトランティスからスペースシップに乗って逃れた人々の行き先は小さな宇宙人アミの言うオフィル星なのか? #アトランティス #オフィル星

バシャールによると非常に高い文化を持っていた文明であるアトランティスが破壊された時、その前にスペースシップに乗って逃れた人が多くいたそうです。

一方「アミ 小さな宇宙人」という本にはオフィル星にはアトランティスに住んでいた人達の子孫が暮らしているという。

彼らは身長が三メートルくらいあるそうだ。
地球人がオフィル星の人より小さいのは異変の時に浴びた放射線のせいだそうだ。

アミによるとアトランティス人はエジプト人、インカ人、マヤ人、ギリシャ人などの先祖だそうだ。

アトランティス破壊の原因は、バシャールによるとクリスタル兵器による火山への影響だそうだ。

この時の破壊が、聖書などにある洪水、ノアの洪水なんだとか。

アミはこの異変を数千年前のこととしている。

……ということで

アミにしてもバシャールにしてもその話が本当かどうかわかりませんが
こうやって両者の情報が結びつくのは面白いです。