豊かさとは、「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力がある」こと。自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、あなたは成功しています。 by バシャール #豊かさ #成功

やりたいときに、やりたいことをやれる「能力」があれば、成功?

やりたいときに、やりたいことをやることができれば成功?というわけでもないところがミソですね。

この両者はどう違うんだろう?

実際にそれをやっていなくても、それをやれる能力があるだけで、もはやそれは成功と言える?

やりたいことを何時何処でもやりたいときにやることができたなら、そりゃ豊かですね。
豊かさ以外の何者でもないでしょう。

これは……

可能性の問題でしょうか

やりたいことをやれる可能性を自分が持っていることは豊かさに他ならない?

気分の問題?

つまり、豊かさのバイブレーションになってしまえば、その対象は必ずしも必要ではない?

それとも、能力があるんだから、いずれそれをやるのは時間の問題だ、と言うことでしょうか。

……と昔はいろいろ考えましたが

要は意味づけの問題であり

肯定的な意味づけをすれば肯定的な結果が出るというだけの話ですね。

やりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、それで充分豊かだし成功している、そう意味づけをした時には、現実でも本当にそうなる。

なぜなら、信じることは見ることだから。
意味づけたような現実になる。

私たちが、豊かさとは、「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力がある」ことだと定義しているのも、そんな理由からです。
自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、あなたは成功しています。マル。おしまい。それ以上何もありません。

以上、本田健 (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳)『未来は、えらべる!』P.40より引用させていただきました。