「こんなことが起きるのではないか」と怖れている時は、ポジティブなことよりも怖れていることのほうが起きると信じていることになります。怖れるとは、ネガティブな現実を選択しているということです。 by バシャール #怖れ

怖れている時というのは、それがまだ現実化していないときです。
怖れていることが現実化してしまったら、もう怖れはありません。
あるとしたら怖れとは別のものです。

さらに怖れは未来に対して抱くものです。
現在もうすでにそうであるものに怖れは抱きません。

それでいて、人間の行動を大きく阻むのが怖れだったりします。

「こんなことが起きるのではないか」と怖れている時は、
ポジティブなことよりも怖れていることのほうが起きると
信じていることになります。
怖れるとは、ネガティブな現実を選択しているということです。

BASHAR⑤ 121-122P

以上、ダリル・アンカ (著), 本田健(解説) (監修), 本田健 (翻訳) 『人生に奇跡を起こすバシャール名言集 (VOICE新書)』P.94より引用させていただきました。