否定的なことが起きるというのは、そういう否定的なことが起こってはいやだという「怖れ」からやってきます。怖れというものが、実際の現実の世界にそういうものを創り出します。 by バシャール

体験上、否定的なことが起こってはいやだという「怖れ」を抱いたからと言って、必ず、その否定的なことが実現するとは限らないです。

これはおそらく、その怖れが本物の怖れではなかったということでしょうね。
実現しなかった否定的な出来事は、その否定的なことが起きるであろうと、そんなに強くは信じていなかったということでしょう。

人は日常的に肯定的なことや否定的なことを、様々に想像するわけですが、それらがすべて即時に実現するわけではありません。

その想像がただの想像から実感を伴った信頼へと変わった時、それが実現するのかもしれません。

そういう否定的なことが起こってはいやだと怖れることは、その否定的なことに意識をフォーカスし続けている、ということなんでしょうね。

否定的なことが起きるというのは、そういう否定的なことが起こってはいやだという「怖れ」からやってきます。怖れというものが、実際の現実の世界にそういうものを創り出します。何か怖れているということは、何か現実に起きるであろうということを信じているのです。文字通り、自分の中にある一番強い観念、信じていることがそのまま自分のまわりの世界につくられます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』P.229より引用させていただきました。