怖れを見ることで、どんなネガティブな観念や定義づけにしがみついているのかを理解できます。その観念や定義づけが、あなたの夢をはばんでいるのです。

怖れをポジティブな方向に使う必要があります。
ポジティブな方向に使うためには、まず「怖れを直視する」ことです。
怖れを見ることで、自分がどんなネガティブな観念や定義づけにしがみついているのかを理解できます。その観念や定義づけが、あなたの夢をはばんでいるのです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.13-14より引用させていただきました。

怖れは見たくないですね。

逆に言えば見たくないようなものだからそれを怖れている。

でも怖れを直視して、自分がどんなネガティブな定義づけを持っているかに気づけば

それを手放すことができる。

そうすれば夢実現へと近づくことができる。

怖れから学べば前進することができる。