怖れをポジティブな方向に使うには、「怖れを直視する」ことです。怖れを見ることで、どんなネガティブな観念や定義づけにしがみついているのかを理解できます。その観念や定義づけが、あなたの夢をはばんでいるのです。 by バシャール

怖れをポジティブな方向に使う必要があります。
ポジティブな方向に使うためには、まず「怖れを直視する」ことです。
怖れを見ることで、自分がどんなネガティブな観念や定義づけにしがみついているのかを理解できます。その観念や定義づけが、あなたの夢をはばんでいるのです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.13-14より引用させていただきました。

怖れを見たい人はいないでしょう。
誰だって怖れを避けようとする。

何故ならそれをネガティブなものだと思っているから。
自分にとってネガティブなものは避けようとする。

しかし、避けただけなので、いずれまたやって来るかも知れない。
あるいはもっと大きくなってやって来るかも知れない。

ところがもし、怖れをポジティブな方向に使うことを思いついたらどうでしょう?

そのためにはまず、怖れを直視することです。
直視することで、自分がどんなネガティブな観念を持っているかを知ることができる。

怖れは、その時の自分が、どのようなネガティブな観念や定義を持っているかを教えてくれる。
そして自分の中のネガティブな観念や定義に気づくことで、それらを無力化して手放すことができる。

そうすれば自然と夢がかなうようになる。
どうしてかというと、自分の中のネガティブな観念や定義こそが夢の実現を阻んでいたからだ。