「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、あなたは成功しています。」とバシャールは言うが

私たちが、豊かさとは「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力がある」ことだと定義しているのも、そんな理由からです。
自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があれば、あなたは成功しています。マル。おしまい。それ以上何もありません。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.40より引用させていただきました。

バシャールによると豊かさとは「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があること」であり、成功とは「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力があること」ともしています。

豊かさも成功もどちらも、やりたいときに、やりたいことがやれている状態ではなく、やれる能力があること自体をその定義としています。

その能力があれば、あなたは豊かだし、成功もしていると言うのです。

では、「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力」とはなんでしょう?
やりたいことやる能力はおそらく誰でもが持っていると思います。

つまり一般的にもよく言われることですが、人間に不可能はないってことですね。
人間はやりたいときにやりたいことをやることは常に可能である。
そういう能力を人間は持っている。

勝敗などの結果、他人と比べての優劣、これらの価値観を除いて豊かさや成功というものを考えた時、人間は生まれながらに豊かであるし成功していると言える。

結果にこだわるならいつまで経っても豊かになれないし真の意味での成功もない。
手段と化した今ここという経過そのものに価値を見出した時、瞬時に真の意味での豊かさと成功を得る。

……とそういうことなんだと思います。