無条件の愛とは自分が価値ある人間だと認めること

無条件の愛というのは、絶対の価値観を理解するということであり、内面的にも外面的にもすべてのレベルにおいて自分が価値のある人間だということを認めることなのです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック〈2〉人生の目的は「ワクワク」することにある。 VOICE新書』P.20より引用させていただきました。

無条件の愛における定義で他人が出てこないのは面白いです。
さすがバシャールです。予想を裏切ってくれます。

無条件の愛とは無条件に自分の価値を認めること。

バシャールはすべてはひとつであると言っているので、自分を愛することは他人を愛することでもあるのでしょう。

さらには本当の愛とは自分の中から自然とあふれ出て来るものなのでしょう。
自分を愛で満たして初めて他人にも愛を与えることができる。

愛とはきっとそういうものなのでしょう。