怖れは、見たくないものを、いつまでも見ようとしない時にやってくるメッセージ

怖れというのは、自分自身に対する慈悲が足りないということです。自分の人生のなかで起きているいろいろなことを信頼できないということです。怖れというのは、あなたが自分自身で見たくないものを、いつまでも見ようとしない時にやってくるメッセージなんです。ですから、聞かないとより大きな声になってきて、より卑劣なやり方であなたの注意をひきつけるまでやります。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック〈2〉人生の目的は「ワクワク」することにある。 VOICE新書』P.219より引用させていただきました。

このバシャールの言葉はかなり好きな言葉です。

怖れはメッセージ。
見たくないものをいつまでたっても見ようとしていない
というメッセージ。

それを見たくないから見ないというのはある意味当然です。
人は見たくないものより見たいものを見たい。

しかし中には、見たくなくても見たほうが良いものもあるんでしょうね。

もし何かに怖れを感じたら
自分の中に本当は見るべきなのに目をつぶっているものがないか
観察してみるのが良いようです。