この人生での唯一の目的や使命は、「できるかぎり自分自身でいる」ということ

この人生でみなさんが持っている唯一の目的や使命は、「できるかぎり自分自身でいる」ということ

(中略)

みなさんがもっともワクワクすること、魅かれるもの、もっとも情熱を感じること、それらはすべて、「自分自身でいる」という人生の目的の「表現」なのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.33、34より引用させていただきました。

そして、ワクワクすることや、魅かれるものや、もっとも情熱を感じることはすべて

自分が自分自身でいるという人生の目的の表現

自分自身でいるという人生の目的を表現すれば

ワクワクすること、魅かれるもの、もっとも情熱を感じること

になる。

自分の人生の目的を自己表現すれば、ワクワクになる。
自分の人生の目的とは、自分自身でいるということだから。

自分自身でいるという人生の目的は言葉を変えれば本当の自分になるということ。
自然な自分になるということ。

そして自然な自分は自然なのだから自然とそういう自分になるということ。
ワクワクとした自分は自然な状態であるということ。

自然であるというのは、自分自身でいることの表現だし
自然であるというのは、本当の自分であるということ。

つまり自分が自然であればすべてはうまくいく。
自然であることに抵抗することを「何もしなければ」、すべてはうまくいく。