変えるのが難しいと思えば本当に難しくなる

みなさんの社会は、定義づけの上に定義づけして、そしてそれをさらに定義づけするという、非常に複雑な構造になっています。
(中略)
よく、こんなことをいいませんか?
「これを変えるのが難しいことはみんなが知っている」と。
変化するのが難しいことはみんなが知っていると思っているとき、自分にとっても難しいのです。
それすら自分の定義づけだと知っていれば、もうこんなものは欲しくない、変えたいと思うことができます。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.36より引用させていただきました。

変えるのは難しいと思った時
それは単に自分が、難しいと定義づけしているだけのこと
真実とは程遠い

難しいというのが単なる定義づけのひとつに過ぎないと分かれば
難しいという定義づけを持ち続ける意味を失う

あとは新しくて望ましい定義づけを見つけて
それを認識するだけで難しいという定義づけは過去のものとなる

新しい定義づけとは例えば
これを変えることは簡単だ!
これを変えるのはやさしい!

などなど