猫が猫であろうとすることによって、塀から落ちるリスクが低くなる

猫が猫であろうとすることによって、つまり、あるがままの自分でいようとすることによって、塀から落ちるリスクが低くなるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.47より引用させていただきました。

人間が人間であろうとすることによって、つまり
あるがままの自分でいようとすることによって
人生でつまずくリスクが低くなる

とそう言えるのかも知れません。

人間があるがままの人間であるのは
言葉を変えれば
人間が自然であればとなると思います。

自然な自分でいればいるほど
人生もきっと上手くいくのでしょう。