痛みは否定しないで自分のものにする

「自分がなにでないか」を教えてくれる古いものに感謝してください。
それによって「自分がなにであるか」に近づきます。
ですから、痛みがあったらそれを自分のものにしてください。
否定しないでください。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.37より引用させていただきました。

学びとは、自分はなにでないかを知り自分がなにであるかに近づくことなんですね。
学びとは、本当の自分ではないものを知って本当の自分に戻っていくこと。

痛みとか、ネガティブな出来事、ネガティブな感情は
本当の自分ではないものを教えてくれる。

本当の自分ではないものを知れば
あえてそれを持ち続ける理由もなくなる。

ネガティブなことによって本当の自分ではないものに気がつけば
それを無力化して手放して本当の自分へとより近づいていける。

だからすべては本当の自分へと帰っていく学びだと言える。

自分がなにであるかを知るためには、自分が何でないかを知る必要がある。

自分ではないものを知って初めて自分を知ることができる。
自分ではないものが分かるから本当の自分が分かる。