生まれたままの本来の自分は大いなるすべてと自然に調和していて、もっともリスクの小さい状態

あなたが生まれたままの本来の自分自身でいると、「大いなるすべて」と自然に調和することができるのです。
そして、その波動でいるとき、もっともリスクが小さいのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.48より引用させていただきました。

これが真実なんでしょうね。

生まれたままの自分は「大いなるすべて」と自然に調和している。
そしてその波動は、もっともリスクが小さい波動。

リスクと言うのはゼロにはならないんでしょうね。
自然にいる動物だって病気になるし事故に出会う。

あくまでもリスクが小さくなるだけで、完全にリスクが消えるわけではない。

とは言うものの我々人間は、出来るだけ生まれたままの本来の自分自身から離れたいと思っている。

いろんなものを身に着けたいと思っている。
いろんなものを所有したいと思っている。

本来の自分以外の何かになろうとする。
そして結果大いなるすべてと不調和になっていく。

大いなるすべてとは不仲だから、
人生にリスクが増え病気と友だちになり……