自分が自分の現実をつくっていると知っている。欲しいものを自分から投影している。でも、戻ってくる現実は思っているものと違う理由とは

「私は自分が自分の現実をつくっていると知っているから、自分が欲しいものを自分から投影している。でも、戻ってくる現実は思っているものと違う。いったい何がいけないんだろう」

このシナリオの間違いは、「こうあるべきだと自分が言うからには自分の現実はそのとおりになるはずだ」という期待感です。
つまり、期待をして、自分が投影して出しているエネルギーに、「こういう現実になってほしい」「こういう状態になるべきだ」という条件や判断をつけてしまっているのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.65-66より引用させていただきました。

自分が投影しているエネルギーに、「こういう現実になってほしい」「こういう状態になるべきだ」という条件や判断をつけて、期待感の波動になってしまっているので、期待感が源に投影され、期待感を持ち続けている現実が実現してしまう。

現実創造のプロセスにおいて、源は、投影して出した波動をそっくりそのまま完璧に映しだす。

ワクワクの状態でいようとはせずに、「現実」が自分の思う形になってほしいという期待感を持った状態でいると、ワクワクの波動ではなく「期待感の波動」が源に投影されてしまう。

結果、ワクワクそのものではなく、期待感が反映として戻されて、経験するのは期待感が実現した現実ということになる。

「こういう現実になってほしい」「こういう状態になるべきだ」という現実になってしまう。

あくまでもワクワクの波動を源に投影すべきであり、期待感の波動を投影し続けている限り、望みは叶わないということになる。

意識は、望みの叶った平行現実にフォーカスすべきであり、望みの叶っていない期待感を抱いている平行現実にフォーカスすれば、望みの叶っていない平行現実にシフトして行くだけだ。

いつもいつも「こういう現実になってほしい」「こういう状態になるべきだ」どうしてならないんだろうと考えてばかりでは、望みが叶っていない現実にばかりフォーカスしていることになる。

もうすでに望みが叶った現実に意識をフォーカスすれば、その現実へとシフトして行くことができる。