期待感は捨てて、シンプルにワクワクした状態でいることを選ぶ、それが望みを叶えるコツ

では、期待感を捨ててどのようにすればよいか。
こうなっていたいと思う情熱の状態、ワクワクする感覚、その波動、エネルギーでいることを本当にシンプルに選択してください。
そうすれば、その情熱の波動が源へと投影され、源はそのエネルギーを完璧に映しだして戻してくれます。
つまり、あなたはそう感じることを実際に「現実」として経験することができるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.67より引用させていただきました。

望みが叶っていないことにフォーカスし過ぎると、出す波動は期待感になってしまい、返ってくる現実は望みが叶っていない期待感を持ち続ける現実になってしまう。

何々だった良いのになあ~どうして自分は何々になれないのだろう?という期待感の波動を出していては、何時までたっても与えられる現実は、願いの叶っていない期待感のままの現実になってしまう。

なぜなら現実はあなたの出す波動を映し出しているだけだから。
期待感の波動は期待感の波動が実現した現実を映し出すだけ。

あなたは与えるものを受けとる。

常にワクワクとした波動でいれば、そのワクワクの波動が源へと投影され、源はそのエネルギーを完璧に映し出して戻してくれる。

あなたは実際に、ワクワクを感じることを「現実」として経験する。
あなたはシンプルに、与えるものを受けとる。