状況がどのように見えたとしても、自分はどう感じることを選択するか

メッセンジャーがどんなふうに見えようと、まわりでどんなことが起きていようと、自分の選択したエネルギーの中にいるなら、そのメッセージはあなたの人生で常にポジティブに影響します。
つまり、これはすべて、「状況がどのように見えるか」という問題ではなく、「状況がどのように見えたとしても、自分はどう感じることを選択するか」という問題なのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.71より引用させていただきました。

自分に何が起こったかではなく、それに対して自分はどういう対処の仕方をするかに重点を置けば生きるのが楽になります。

起こったことに重点を置いてしまうと、良いことが起こっているうちはいいですが、良くないことが起こった時に、ツイていないと思ったり、気分が落ち込んでしまいます。

何が起ころうと、それに対して自分が「どういう対処の仕方をするかが重要なんだ」という生き方をすれば、生き方がシンプルになりますし、いろいろ悩まなくても済むようになります。

起こったこと、あるいは、起こっていることに対し、自分がどういう対処の仕方をするかを神様は見ていると考えると、自ずと何をすべきかが分かると思います。