自分の生きたい夢を生き、見たい夢を見よう!

思い出して欲しいのは、今みなさんは夢を見ているということです。
ですから目を覚まして、自分の生きたい夢を生き、見たい夢を見てください。
どんなことを感じても、どんなことを体験しても、自分がそれを選択しているということを、思い出してください。
起きていることがあまり好きになれないとき、自分で新しい定義を与えてください。
そして新たな選択を自分に定着させるために、新たな自分が行うであろう行動を起こしてください。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.105-106より引用させていただきました。

嫌なこと思い出したくないことを、考えないようにすると、逆にそのことばかり考えてしまいます。

ではどうしたらいいのか?
答えは簡単です。

「毎瞬毎瞬一番ワクワクすることを行動に起こす」です。

自分が生きたくない夢をわざわざ生きる必要はありません。
自分が見たくない夢をわざわざ見る必要はありません。

生きたい夢を生き、見たい夢を見るとき、自然と嫌なこと思い出したくないことは忘れています。