現実を変えたければ意味づけを変える

あるひとつの概念に対する定義のしかたを変えると、エネルギーが変わり、経験=「現実」が変わる

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.173より引用させていただきました。

現実を変える方法をごくごくシンプルに言い換えると、意味づけを変えるとなると思います。

それに対する意味づけをいままでとは違ったものにすれば現実は変わっていく。

他人から何か嫌なことをされた。

私はなんてツイてないんだろう?
私にも何か原因があるのだろうか?
嫌なことをされて私はとても怒っていて、そういう自分が嫌だ。

でも、すべてはただそれだけのこと。
その嫌なことをした他人は、ただ単にそういう人間であり、私の人間的価値とは全く無関係だ。

私の人間的価値は、何が起こったかではなく、それにどう対処するかで決まる。
そう考えるといつも心は穏やかです。

穏やかな現実がそこには広がっています。