すべては、無条件の愛のもと起こる

すべてのものは、無条件の愛のもとに起こります。
混乱や困難を創り出すのは「期待」です。
こうあるべきだという期待の部分です。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.162より引用させていただきました。

無条件の愛から逸脱している者、それは人間なのかも知れません。
あれやこれや自分独自の意味づけを持ち出して混乱し困難を自ら招き入れているのかも知れません。

自然は無条件の愛そのものです。
宇宙は無条件の愛そのものです。

「無条件の愛」という言葉自体が人間の意味づけのひとつです。

自然も宇宙もただありのままです。
そこに何ら意味は存在せず中立です。

一方人間は常に意味を見出そうとする。

すべては無条件の愛のもとただありのままなのに、
人間はそこになんらかの意味を見つけようとする。

なんらかの「期待」から意味を見つけようとすると、
そこに混乱や困難を生み出してしまう、ということでしょう。

「ただそれだけのこと」が「混乱」や「困難」になってしまう原因は、人間が与えるネガティブな意味づけのせい……だと。