喜びを表現しているとき、その喜びを表現する機会が自動的に提供される

喜びを表現しているとき、その喜びを表現する機会が自動的に提供されます。
願望、エクスタシー、そして充足感。
これは純然たる物理学です。単なる力学なのです。
これが「存在」の構造です。
こういうふうに働くものなのです。
今まで、常にそう働いてきました。
ですから自分が肯定的なほうに歩いて行きたいと思ったら、まず自分に肯定的な行動をさせてあげてください。
そうすうると、肯定的な結果が戻ってきます。
絶対に百パーセント保証できます。
例外はありません。
どんな小さな例外も、ありません。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.245より引用させていただきました。

もし自分に陽が当たれば嬉しいのに。
もし自分に表現する機会が与えられたら嬉しいのに。

だと順番が逆だと言うことですね。

ワクワクしてその喜びを表現しているから
その表現する機会が自然と与えられ、自然とスポットライトを浴びるようになる。

与えるものを受けとるという
単なる物理的な力学の問題。

もしその物体が動いてくれたら嬉しいのに
だったら何時まで経っても喜びはやって来ない。

ワクワクしてその物体を動かしてみたら
自然とその喜びがやって来る。

ただ見ているだけでは物理的な現象は起きない。
実際に何かをやって初めて物理的な現象は起きる。