否定的なものを否定するとき、それが困難をつくりだす

否定的な感情をいだくことは、べつに悪いことではありません。
自分の人生の中に、困難をもたらすものではないのです。
否定的なものを否定するとき、それが困難をつくりだします。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.30より引用させていただきました。

世の中の否定的な出来事は、否定的なものを否定した時に起こってしまう。

世の中には他人に対して否定的な行為をする人がいます。
そのような否定的なものも、ただそれだけのことで自分の価値を損なうものではないと分かっていれば、否定的なものはそのままにして何事も起こりません。

しかし一転して否定的なものを自らも否定した時、否定的なものは否定的出来事となり、様々な悪影響を受けることになります。

他人から嫌なことをされたとき、それはただそれだけのことです。
その人は他人に嫌なことをするような人間だというだけのことです。