喜び優先で生きてみる

ちょっと脇道にそれるように見えても、
そのとき自分に喜びを与えてくれるものなら、
安心して、その道を進んでください。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.317より引用させていただきました。

人間は常に考えている存在ですから、脇道にそれるようなことはすべきではないと「考えて」しまう。

喜びより「何々すべきだ」を優先してしまうことが多い。

しかし人間の考えることには限界があります。
時には喜びの方を優先して、ちょっと脇道にそれるのも、問題解決の糸口になるのかも知れません。