落ち込むということを否定的にとらえると否定的な結果が出てくる

落ち込むということを、みなさんは否定的にとらえています。
ですから否定的な結果が出てきます。
私は「ディプレッション(落ち込み)」と呼ぶ代わりに「コンプレッション(押し込み)」と呼ぶのですが、人は自分でなにか質問があるとき、答えを外に見出せないとき、内へと入っていきます。
自分自身の中で新しい定義づけを見つけようと、自分の意識の中に入ります。
普段と違うエネルギーの質なのですが、それを否定的だとレッテルを貼る必要はないのです。
否定的なレッテルを貼ったとき、本当に落ち込みます。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈5〉望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること。 (VOICE新書)』P.90-91より引用させていただきました。

とは言うものの世間では、落ち込みはネガティブなことだと認識されています。
落ち込んでいる人に良かったねという人はいません。

落ち込みを否定的にとらえていると、落ち込んでいること自体に、さらに落ち込んでしまいます。

バシャールは別の個所では、落ち込みとは一種の瞑想であると言っています。
瞑想は世間では良いことだと認識されています。

落ち込みは自分の中に答えを見つけるための瞑想。
だとすれば落ち込みはただ単に落ち込んでいるだけ
ただそれだけということになります。

もっと前向きに考えれば落ち込んでいるのは良いことだ。
だって瞑想しているんだから、となります。