過去は変えられる

過去を現在において変えることができます。
なぜならば、未来に向かっても、過去に向かっても、無数の組み合わせの人生があるからです。
そのどれを選ぶこともできます。
自分の今の波動を決めることによって、それがなんであれ、それに応じて過去と未来から現在の自分に「影響するもの」が変わります。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈5〉望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること。 (VOICE新書)』P.141より引用させていただきました。

これは、過去である「もうすでにそうであるもの」に囚われたまま生きるのか、それとも自分の生きたいような人生を可能性無限大で生きるのか、とも言えるように思います。

普通に考えても未来はどこにも存在しないように過去もどこにも存在していません。
存在するのは現在だけ。

唯一存在するのは、あるがまま、ただそれだけの今と、過去と名前のついた記憶だけです。
過去は存在しないので、どのような過去も自由に選べます。

バシャール的にはもうすでにありとあらゆる可能性が実現した世界が無限に存在してしまっているので、すべての未来もすべての過去も今に存在しており、さらには想像することと実際にすることに違いはないので、どのような未来や過去を選ぼうとすべて正解ということになります。

無限のパラレルワールドと永遠の意識を持ってすれば、すべてはあり得ることになります。
(想像できるものはすべてどこかに存在しているとバシャールは言います)