自分の与えるものが、自分に返ってくる

この宇宙全体の基礎となっている法則は、たったひとつしかないのです。
(中略)
すべてのもの、すべてのとき、そしてすべての場所を支配するたったひとつの法則はこれです。
みなさんはすでに知っていると思います。
「自分の与えるものが、自分に返ってくる」
(中略)
これは、みなさんのこの物理次元の体験もすべて、みなさんの手中にあるということです。すなわち、みなさんが体験することは、百パーセントみなさん自身に責任があるということなのです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈6〉ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。 (VOICE新書)』P.14-16より引用させていただきました。

この「自分の与えるものが、自分に返ってくる」というのは、言葉を足して、自分の与える解釈が、自分の現実として返ってくる、というのもあり得るように思います。

たとえば他人を批判した時、その全く同じ刃(やいば)が今度は自分に降りかかってきます。

他人を批判した時、同じ状況では自分も同じように批判されているんだろうと考える。
実際批判されるかされないかに関わらずに心のどこかに反作用のように今度は自分が批判される恐怖が芽生える。

現実世界で見かける嫌な人、嫌いな人は、よくよく考えてみると、自分も同じことをしていると気づく。

すべてをただそれだけのことと見て、ニュートラルに見ることができれば、現実も穏やかなものになる。

騒がしい現実も穏やかな現実も自分の思考が創っている。
現実は自分が与えた意味づけの結果ともいえる。