イマジネーションはすべてひとつの波動

皆さんの想像、すなわちイマジネーションはすべてひとつの波動です。エネルギーが形となったもので、ある瞬間に時間と空間を有し、エネルギーと位置、場所、実体をもち、フォーカスすることによって知覚される形となる力を持っています。このようにして皆さんが想像するものは、必ずどこかの次元で存在しています。存在しないものは想像すらできないのです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳) 『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』P.20-21より引用させていただきました。

そしてすべては波動で出来ている。

この現実も波動で出来ていて、イマジネーションも波動であるのなら、現実とイマジネーションの間になんら違いはない。

イマジネーションもちゃんとしたリアルな現実だ。
ただそのリアルな現実にこの現実からはフォーカスできないだけ。

バシャール情報からすると、そうなると思います。

ということは、パラレルワールドを生み出しているのは何者かのイマジネーションということなのでしょうか。

何者かがイマジネーションすることがリアルな現実を無限に創り出す。
いまこの瞬間にありとあらゆる無限のイマジネーションが存在し、しかもそれらはすべてリアルな現実である。

しかし次元が違うイマジネーションの現実には、基本的には、この現実から行くことはできない。

ということは、私たちのこのリアルな現実も、誰かのイマジネーションということになるが……