ネガティブさに気づくこと、ネガティブなことはしたくないと気づくこと、それだけでカルマの鎖は切れる : バシャール・ペーパーバック1

前にやったことで、もうやりたくないということがあったなら、ただ単に気づくこと、もうネガティブなことをしたくないと気づくこと、ポジティブなことだけをすること、それに気づくだけでカルマの鎖を切ることができます。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』36ページより引用させていただきました。

カルマは自分で勝手に創っているものであり、自分が体験している真実は「自分が創り出している」ということに気づけば、カルマ的な結びつきという考えを信じる必要はないそうです。

さらには、ネガティブなものが結果として何を生み出しているかに気づき、その時点からポジティブなエネルギーの方を選べば、ただひとつの決断ですべての過去のカルマを消すことができるとのことです。

何時からでも良いから、もうネガティブなことなんてしたくないと気づいて、ポジティブなことだけをやっていく(ポジティブなエネルギーの方だけを選んでいく)、それだけですべての過去のカルマさえも消すことができる。

いいですね!