あなたの持っているバイブレーション、それがあなたの人生で体験していること : バシャール・ペーパーバック1

あなたの持っているバイブレーション、それがあなたの人生で体験していることです。破壊の起こっている最中でもあなたは立っていることができます。
あなたのまわりにそういうことが起こっていても、あなたがそのバイブレーションと同じものを発していなければ、その破壊はあなたに手を出すことができません。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』51ページより引用させていただきました。

この部分は、地球上のエネルギーに変革が起きるが、でも、変化というものは必ずしも破壊的である必要がないとバシャールが答えたその続きです。

現実という幻想に目覚めて歩いていれば、破壊が起こったとしてもあなたはそこに行かない。
もしあなたのまわりに破壊が起こったとしても……と、引用した部分につながります。

さらに、破壊を体験したことも、それをポジティブに見るかネガティブに見るかで、ひとりひとりがその体験をどういう結果にするか決めることができると言います。

本書P.51には以下のように書いてあります。
これが本当なのかどうか証明はできませんし、このように書いてあるのは魂は永遠であることが前提になっています。スピリチュアル的解釈であることが前提です。誤解のないようにお願いします。

目覚める人が増えれば増えるほど破壊は起こらなくなるとも言えます。

天変地異というようなものがまわりに起こったとしても、それはその地域の人が他の変革が可能であるということを信じることができなかったということを意味しているだけです。

再度書いてあることを以下にまとめてみます。

地球上のエネルギーに変革が起きる。
電磁の波動が変わり、そのためにエネルギーが地球上の物理的な変革を起こす可能性がある。

しかし変化は必ずしも破壊的である必要はない。
喜びを体験することに価値があるのだと信じ、そして、喜びを体験するのに自分が値すると信じることができれば、わざわざ自分を震え上がらせて目覚めさせる必要はない。

多くの人が目覚めつつあるので、昔こういう破壊が起こるのではないだろうかと思われたことが、起こらない状況になってきている。