すべては中立、肯定的な意味を与えれば肯定的な結果が出る : バシャール・ペーパーバック1

すべてのもの、シンボルは基本的には中立です。いい方を変えれば中性です。
あなた自身がそれに意味を与えたものが、あなたに対しての意味となります。
それに肯定的な意味を与えれば肯定的な結果が出ます。否定的な意味を与えれば否定的な結果が出ます。非常に簡単な物理学、非常に簡単な機械的なものです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』105ページより引用させていただきました。

すべては本来中立であり、初めから決まった意味はない。
だからこそ、どんな意味づけも可能。

そして意味づけに応じた感情を抱く。
感情は行動の原動力となる。

よい意味づけを行えば、よい感情を抱き、よい行動をする。
そしてよい結果が出る。

たとえば

良い面にフォーカスする。
すべてに感謝する。
すべてを学びとする。