自分で幸せを選ぶとき、すべてのまわりで起きていることが、幸せな出来事になる : バシャール・ペーパーバック1

自分で幸せを選ぶとき、すべてのまわりで起きていることが、幸せな出来事になります。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』163ページより引用させていただきました。

以下書いてあることを簡単にまとめてみます。

幸せに対して否定的な要素はない。
不幸せなものに対しては否定的な要素はある。

自分の中にパワーや、それをコントロールする力がないと思っていると
外のものを変えて、それを確認しようとする。

自分の中の力を、自分から離して外に見ることによって
病気というものが起きる。

幸福になるには、幸福になる道を自分で選ぶだけです。
不幸になる道を選ぶ代わりに幸福になる道を選ぶだけです。