愛の反対語は憎しみではなく罪悪感 : バシャール・ペーパーバック2

罪悪感というのが本当の愛の反対語に位置されるものです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』20ページより引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

無条件の愛とは絶対の価値観を理解することであり、内面的にも外面的にもすべてのレベルにおいて自分が価値のある人間だと認めること。

憎しみには自分にとってのある種の価値判断が含まれている。
しかし、罪悪感には価値判断がまったく含まれていない。

罪悪感は自分に対して正直でないときに起こってくる。
自分にとって真実ではない行動をする時に感じる。

そういう行動をしているときにでも、そこから学ぼうという意志があれば、肯定的な方向に変えることができる。

そうやって自分に対して正直な方向に変えることができる。
罪悪感なしに悔やむことなしに先に進むことができる。