物理的な現実は自分が真実だと思っているものが創り出した世界です。 : バシャール・ペーパーバック2

あなたの物理的な現実というのは、自分が最も真実だと思っているものが創り出した世界です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』54ページより引用させていただきました。

何を信じているか(観念)が感情を決め、感情が想念のパターンを決め、その想念のパターンが現実を創るそうです。

なので観念を変えると感情が変わり、感情が変わると想念パターンが変わり、まわりに起こる現実を変えていくそうです。

これをもっと簡単な言葉で言えば、考え方によって抱く感情が変わり、抱いた感情によってその後の行動が変わると言えそうです。

何もしないあるいは何もしたくないという考え方の場合、抱く感情は無気力に近いものであったり悟りに近い感情であったり、その感情からは当然何もしないという行動が選択されます。

何もしないという行動を選択した場合、何もしないのだから現実は変わらないのかもしれないし、何もしないからこそネガティブな要素がまわりから排除され運命が好転する可能性もあります。

いずれにしても、その人の考え方によって現実は変わっていくように思います。