観念が感情を決め、感情が想念パターンを決め、想念パターンが現実をつくる : バシャール・ペーパーバック2

あなたがどういうものを信じているか、あなたの観念がどんなものであるかが、あなたの感情の反応を決めます。そしてまた、感情の判断が想念のパターンを決め、その想念パターンがあなたの現実をつくります。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』54ページより引用させていただきました。

別の言葉で言えば、考え方が抱く感情を決め、抱いた感情がその後の行動を決め、行動が個々の現実をつくるとなると思います。

なので現実を変えるには、考え方を変えると抱く感情が変わり、抱く感情が変わればその後の行動が変わり、行動が変われば個々の現実は変わるとなります。

これを元にスピリチュアルな表現に戻すと、観念を変えれば発する波動が変わり、発する波動が変われば引き寄せる現実が変わるとなります。