あなたは永遠に存在する : バシャール・ペーパーバック2

今、あなたが存在しているということは、あなたはいつも存在するということです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』67ページより引用させていただきました。

ありとあらゆるものが神で、すべてのものが神で、想像できるすべてが神です。
すべてのもの、すべての人が神であり、すべてのものは神でできている。

宇宙は神ででき上っており、また神とは気づき、意識でもある。
そして神は常に存在していて、非存在になることはない。

そうバシャールは言います。

個々の私たちが持ち合わせているこの意識も永遠なのか、それとも神としての私たちが永遠なのか。

この意識は永遠であってほしいが、時間と空間が存在する世界での永遠は退屈な気もする。
それにして、時間も空間も存在しない世界での永遠の意識とはどのようなものなのでしょうか。