みなさんが体験する、あらゆる問題の根本は、怖れなのです。怖れと、怖れによって体験する分離感から来ています。by バシャール

すべてはひとつであり、すべては愛である。
そう定義すると、このバシャールの言葉は、とても納得のいくものになります。

愛を選ぶのか怖れを選ぶのか、その選択権は私たちにあるようです。

バシャールはすべては中立だと言いました。
ということは、すべてを愛の現われと取っても間違いではないということです。

すべてはひとつにつながっている。
だとすれば、すべては実は分離していない。

さらにすべての答えが自分の中にあるのだとしたら……
……だとしたら確かに、人生に「怖れ」は不必要なのかも知れません。

人間が体験している、お金、パートナーシップ、健康に関する問題の根っこはすべて同じで、「怖れ」です。
みなさんが体験する、あらゆる問題の根本は、怖れなのです。
怖れと、怖れによって体験する分離感から来ています。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.142-143より引用させていただきました。

MIL57043